前進座トップへ

         PROFILE


キリヤマ リショウ
桐山 里昇   

屋号=摂津屋 (せっつや)

 

経  歴 1947(昭和22)年同志座『初恋』の定次が初舞台。
舞台芸術学院を経て1951(昭和26)年8月前進座に入る。
前進座での初舞台は、『守銭奴』のラ・メルリューシュ・警吏、『俊寛』の諸士。1987(昭和62)年12月前進座劇場『さぶ』の与平で初代桐山里昇を名乗る。桐山は上方歌舞伎の名跡。
凝り屋の的はずれと翫右衛門にいわれた。その的を射抜いた『さぶ』の与平は折紙つきの好演。女方もこなし、『三人吉三廓初買』の夜鷹うで蛸のおいぼのコミカルな演技は出色。
生年月日 
1930年3月15日
出身地
神戸市
俳優養成所歴
1951年舞台芸術学院中退
初舞台
1951年『守銭奴』ラ・メルリューシュ
主な舞台
『さぶ』の与平、『怒る富士』の新井白石、
『釈迦内柩唄』の薮内弥太郎、『後家おまさ』の金貸おかく、
『蓮如』の金森道西
主な外部出演
 
趣味・特技

読書

  好きな役
俊寛 富樫 義平次  『六段目』のおかや 『どん底』のルカ 
『オセロ』のイヤーゴー

 

俳優一覧へ