前進座トップへ

         PROFILE


ムラタ キチジロウ

村田 吉次郎

好きな言葉
「宿り木になって栄えるより、けちな下草で生きる方が私の性に合っている」(『五重塔』の十兵衛)

経  歴 1950(昭和25)年3月日比谷公会堂・大隈講堂での新協劇団『つばくろ』の通行人が初舞台。
1950(昭和25)年4月東京小劇場を結成。1952(昭和27)年同劇団をあげて前進座に入る。
前進座での初舞台は『美女カンテメ』のとも熊。新劇畑から入座して、芸歴半世紀になる。
『平家女護嶋』の弥平兵衛宗清、『解脱衣楓累』の磯兵衛、『天衣紛上野初花』の寺田幸兵衛、『四千両小判梅葉』のうどん屋六兵衛など、いまや歌舞伎でも老練派。
芸域は広く、『釈迦内柩唄』の薮内弥太郎の人間味も出色だった。
生年月日 
1927年7月18日
出身地
福岡県北九州市
俳優養成所歴
舞台芸術学院講習科(3期)修了
初舞台
新協劇団『つばくろ』の通行人
主な舞台
『堀川波の鼓』の彦九郎、『阿部一族』の弥五兵衛、
『東海道四谷怪談』の宅悦、『夕鶴』の惣ど、
『五重塔』の十兵衛
主な外部出演
 
趣味・特技

絵画・彫刻

  好きな役
『阿部一族』の弥五兵衛 『五重塔』の十兵衛

 

俳優一覧へ