前進座トップへ

         PROFILE


ヤマザキ リュウノスケ
山崎 竜之介

屋号=山崎屋 (やまざきや)

好きな台詞
「その方どもの言い分をいちいち耳に致しておって、御政事向がなると思うか。取りあげること相成らぬ」(『佐倉義民伝』の家老岩淵典蔵の悪人ぶり)

  音声サンプルボイスサンプル 自己紹介 ※準備中
音声サンプルボイスサンプル 朗読 ※準備中
経  歴
1946(昭和21)年8月北海道巡演の『権三と助十』の猿が初舞台、以後子役で活躍。
1960(昭和35)年4月前進座に入り、1963(昭和38)年4月読売ホール『天平の甍(いらか)』の牢番で初代山崎竜之介を名乗る。
守備範囲は広く、『本町糸屋の娘』の半時九郎兵衛、『一本刀土俵入』の儀十、『魚屋宗五郎』の典蔵、『巷談宵宮雨』の太十など、敵役に悪の魅力をみせる。

生年月日 
1941年6月10日
出身地
東京都武蔵野市
俳優養成所歴
前進座子供部
初舞台
1946年『権三と助十』の猿
主な舞台
『本町糸屋の娘』の半時九郎兵衛、 『解脱衣楓累』の羽生屋助七、
『平家女護嶋( へいけにょごのしま )』の平清盛、
『心霊矢口渡 (しんれいやぐちのわたし) 』の頓兵衛、
『巷談宵宮雨』の太十
主な外部出演
1970年東宝映画『待伏せ』野猿の辰
趣味・特技
水泳、体を動かすこと
  好きな役・やりたい役
『寺子屋』の松王丸 『本町糸屋の娘』の半時九郎兵衛

 

俳優一覧へ